イタリアはオリーブオイル輸入国だった!?

オリーブオイルといえば、イタリアが本場だと思っていませんか?

イタリアはオリーブの代表的な産地で、たくさんの良質なオリーブオイルが作られており、

日本でもイタリア産のオリーブオイルがたくさん出回っているというのが一般的な考え方でしょう。
しかし、イタリアのオリーブオイル生産量は世界第2位なのです。
イタリアに圧倒的な差をつけて、最も多く生産しているのはスペインです。

では、オリーブオイルをたくさん輸入している国はどうでしょうか?
最も多い国から順に、アメリカ、ブラジル、イタリアとなります。
なんと主要生産国だと思われているイタリアは、オリーブオイルを世界で3番目に多く輸入しているのです。

 

イタリアはスペインや他国で作られたオリーブオイルを輸入し、大豆油など他の安価な植物油と混ぜて偽物のエクストラヴァージンオリーブオイルを作っています。
他の植物油を混ぜたオリーブオイルに、添加物である香料や着色料を加えても、料理人でも見分けることはできません。
このようにして、イタリア産の偽物のオリーブオイルは、最高品質のエクストラヴァージンオリーブオイルとして売られているのです。

dd75dbd68537255885924dc05772cfb0_s
まさかイタリア産のオリーブオイルに偽物が含まれているとは、本当にショックですよね。
食品偽装はいろんなところにに蔓延しているのですね・・・。

さらに日本は、国際オリーブオイル協会(IOC)に加盟していないため、問題はもっと深刻です。

エクストラヴァージンの規格に使用規制がないため、偽物のエクストラバージンオリーブオイルを堂々と販売できる環境なのです。日本で販売されているエキストラバージンオリーブオイルのうち、8割が偽物だと言われています。

 

本物のエクストラバージンオリーブオイルは、体に良い成分が豊富に含まれており、毎日の食卓で摂り入れたい油です。
農法や収穫方法、搾り方などにこだわった本物のオリーブオイルは価格は高くなりますが、その価値は十分にあります。
農法や収穫方法、製造方法などが細かく公開された信頼できるブランドから、本物のエクストラバージンオリーブオイルを選びましょう。

 

>>本物のエキストラバージンオリーブオイルはこちら