オメガ3脂肪酸:現代人に不足しがちな効果

オメガ3脂肪酸が不足することで、生活習慣病やアレルギー疾患、その他の難病を引き起こす原因にもなりかねません。

オメガ3脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸に分類されています。
脂肪酸には、細胞膜を形成したり、ホルモン形成に関与したり、エネルギー源になるなど、
体内で多方面に渡って活用されています。


質の良い脂肪酸を体内に取り入れることで、
上記の働きに特化した細胞膜、ホルモンが形成され、より健康で元気な体が構成されるのです。

多価不飽和脂肪酸には、オメガ3とオメガ6があり、
その中でもオメガ3が今注目されている脂肪酸です。

なぜ注目されているのでしょうか。

実際にオメガ3もオメガ6も、コレステロールと並んで細胞膜の重要な構成要素です。
しかし、両者とも細胞膜となってからの作用が正反対なのです。

以下に作用をまとめてみました。

●オメガ3
オメガ3に分類されるEPAが細胞膜を構成します。
血管拡張作用、血栓抑制作用、炎症抑制作用、アレルギー抑制作用があります。


●オメガ6
オメガ6に分類される、アラキドン酸が細胞膜を構成します。
血液凝固作用、血栓促進作用、炎症促進作用、アレルギー促進作用があります。


オメガ6は、炎症やアレルギーを促進するため、悪いイメージがありますが、
外敵から身を守るための反応であり、全くなくなってしまうと大変です。

外敵に反応するアレルギー症状も、行き過ぎると日常生活に支障が出てきます。
そのため、正反対の作用を持つオメガ3の働きが必要になるのです。

しかし、オメガ3だけを取ればよいというわけではなく、両者をバランスよく取り入れる必要があります。
また、いくら良いからと言って、過剰に摂りすぎることも良くありません。
オメガ3とオメガ6と適切な摂取量を摂りいれることで、病気を予防でき、
より健康的な体をつくつことができます。

オメガ3の摂取量についてはこちら。