オメガ3脂肪酸は薬のような副作用はない

薬は人工的に作られた化学物質なので必ず副作用がありますが、

オメガ3脂肪酸は自然界にある栄養素なので、薬のような副作用の心配はありません。

 

オメガ3には現代人に不足しがちな抗アレルギー効果などの、様々な効果があります。

>>オメガ3の効果とは

そこで、適量を守れば健康維持増進に大いに役立つ栄養素です。

 

しかし、オメガ3脂肪酸はそもそも油ですので、過剰摂取は避けましょう。
油は、1gあたり9キロカロリーあり、カロリーオーバーにならないかどうか心配になるところですが、

砂糖と違って油は、そのほとんどが体の中で有効活用されています。

(砂糖はエネルギーになるしか使い道がなく、肥満に直結します)

そのため、オメガ3は少々摂り過ぎたかな、と思うくらいがちょうどよかったりします。

>>オメガ3の摂取量

 

オメガ3の推奨される摂取量を過剰に越えて摂取してしまうと、油から作られるエネルギー源が余ってしまい、中性脂肪となり体内に蓄積されてしまうこともあります。

サプリメントでも食用油でも、適量を守りましょう。

 

また、オメガ3脂肪酸であるDHAやEPAは、青魚のさらさら成分であるとして注目されています。

健康な人が摂取する分には、動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞などの血管系疾患の予防にもつながり、

健康維持増進のためにも積極的な摂取が求められています。
しかし、注意したいのは内服薬で血液をサラサラにする抗凝固剤を飲んでいる方です。
相乗効果で必要以上にサラサラになりすぎると、出血が止まりにくくなったり、青あざができ安くなったりと、あらゆる弊害が起こります。
念のため、抗凝固剤を内服されている方は医師に相談した方が安心です。

 

また、EPAには、げっぷや吐き気などの症状が現れることがあるとも言われています。

命にかかわるような症状ではなく、そこまで気にならない程度ならよいのですが、

このような症状が現れて気になる場合は、摂取量を少し減らしたり、改善がみられるかどうか一時的にストップして様子を見るなどしてみましょう。

 

オメガ3はあらゆる病気の予防・改善が期待されています。

副作用も心配になるでしょうが、それ以上に成分の有効性が大きいので、

将来の健康のためにも、自分に投資してみるつもりで摂りいれてみる価値は十分にあります。

下記の記事を参考にして、自分に合った摂取方法を探してみてはいかがでしょうか。

 

オメガ3を毎日摂り入れて、元気な毎日を過ごしましょう。

>>お勧めのオメガ3サプリとは

>>オメガ3を含む食用油とは

>>オメガ3を含む食べ物とは