コメ油の脂肪酸の種類と効果について

米油はなんだか体に良さそう!

そう思って使っている人もいるのではないでしょうか。

 

テレビ番組でも取り上げられたこともあり、話題になって一時は品切れ状態となっていました。

しかし、なぜ注目されているのかご存知でしょうか。

 

テレビで大々的に取り上げられていた効果としては、

・動脈硬化の予防

・コレステロールを減らす

・ビタミンEが豊富

・抗酸化作用がある

 

と言われていました。

 

なぜこのような効果があるのでしょうか。

 

食用油は、脂肪酸の種類の違いで「オメガ3、オメガ6、オメガ9」に分類されています。

その中でもコメ油は、オメガ6とオメガ9の中間に位置する食用油です。

 

つまり、コメ油は二つの脂肪酸がバランスよく含まれている脂肪酸なのです。

443b6734b4184f1478b03818af48479f_s
 

オメガ6は熱に弱く酸化しやすい性質がありますが、オメガ9は熱に強いので、オメガ6だけの油よりは熱に強いということになります。

>>熱に強い油と

 

>>TOPへ戻る