トランス脂肪酸を避ける方法とは?

 

今や多く出回っているトランス脂肪酸ですが、摂りいれないためには何に気を付ければよいのでしょうか。
まずは、格安で売られている油や油の加工食品は怪しいと思いましょう。

格安で大量生産されているものには含まれると思ってよいでしょう。

そして、不自然な食べ物は食べないことです。

時間が経ってカリカリ、フワフワ、格安で売られている、タダ同然で取り放題・・・

 

惣菜売り場の揚げ物や、市販のドーナッツ、ポテト、ナゲット、から揚げ、チキンフライ、コンビニの揚げ物、格安弁当の揚げ物などには、トランス脂肪酸であるショートニングが使われています。

 

28ae2a6791da368259a40d28c79b13d3_s
 

トランス脂肪酸は、酸化しにくいので時間がたってもカリカリとした触感が楽しめます。
そのうえ格安で手に入るため、少しでもコストを抑えたい大手チェーン店や飲食店などで多く使われているのが現状です。

 

また、スーパーなどで売られている格安の油や、ドレッシングなどにもトランス脂肪酸が使われています。
注意したいのは、原材料名にトランス脂肪酸と書かれているわけではない、ということです。

 

どのように記載されているのかというと、原材料名に「ショートニング」「ファットスプレッド」「水素化油脂」と記載されています。

この記載があると、間違いなくトランス脂肪酸だと思ってください。

 

また、大量生産されて格安で販売されている油を使った商品(ドレッシング・マヨネーズ・クッキー・ケーキ・アイスクリーム・
スナック菓子、揚げ菓子、インスタント食品、冷凍食品など)
に、「植物油脂」・「植物油」との記載がありますが、これらもトランス脂肪酸の可能性があります。

 

マーガリンもトランス脂肪酸の代表的な産物であり、マーガリンが含まれている加工食品もトランス脂肪酸がたっぷり含まれているので要注意です。

 

0488f8f090f2319f268e25e7ee934d62_s
 

植物油=安全
という刷り込みから、安心感があって購入する方も多いかと思いますが、必ずしも安全ではありません。
むしろ、産地や生成方法が不明な植物油は、非常に危険です。

 

病気にならないためにも、油の選び方は慎重になる必要があります。

 

>>安全な食用油の選び方