ヘンプシードオイルの効果的な食べ方とは

ヘンプシードオイルに含まれているオメガ3脂肪酸は、熱に弱いという性質があります。
そのため、熱を加える料理には不向きです。

炒め物や揚げ物などの熱を加える料理には、熱に強いオメガ9やオメガ6を多く含む油や、飽和脂肪酸を含む油(ラードやバター、ココナッツオイルなど)を使いましょう。


オメガ3に熱を加えることで、油が酸化してしまい、せっかくの有効成分も台無しになってしまいます。
酸化=老化と言われています。
体内で老化を招くことになりますので、熱を加えないようにしましょう。

また、保存方法も、冷暗所で保管し、直射日光が当たらないようにしましょう。


【ヘンプシードオイルの食べ方】
・卵かけごはんにヘンプシードオイルをかける
・サラダに塩とヘンプシードオイルをかける
・冷静スムージーやポタージュなどに垂らす
・パンにかけて食べる
・納豆にかける
・冷静パスタやそうめんのつゆにかける
・マヨネーズにヘンプシードオイルを混ぜて利用する
・洗顔後にヘンプシードオイルを顔全体になじませ、10分ほどマッサージしてから洗い流す


このように、利用法は様々であり、とにかく冷たいものにかける!
ということができていれば問題ありません。


ヘンプシードオイルはほのかにナッツの香りがしますので、その香りも有効に活用でき、美味しくなる方法を考えてみるのもいいでしょう。


質の良い油をとることは、質の良い細胞が出来て体が細胞レベルで健康になります。
また、ホルモンも正常に機能する良いホルモンが形成されるため、
現代人に多い病気の大半は予防できると言われています。

毎日にちょっとした工夫を加えることで、病気を予防することができます。
薬や病院に頼るのではなく、日ごろから自分の体と向き合っていくことが大切です。