食用油は調理法によって選ぶ:効果的な使い方とは?

普段何気なく使っている食用油ですが、油の性質を知って使い分けることで油の効果を存分に摂り入れることができます。

せっかく良い油を使っていても、その使い方を間違っていたらもったいないですよね。

例えば、酸化しやすい油を加熱調理に使ってしまうと、酸化した油を摂りいれることになり、不健康になります。

このように、しっているだけで健康に大きな差が生じてしまします。

そこで、ここでは食用油の性質と調理法によって分ける方法を説明します。

 

●高温調理をする場合

炒め物や揚げ物など、高温調理をするときには、酸化しにくい油を選びましょう。

酸化しにくい油とは、オメガ9脂肪酸、飽和脂肪酸、の2種類に脂肪酸に分類される油です。

【オメガ9脂肪酸】

なたね油・・・菜種からとれる油で、熱に強く高温調理に向いている。比較的値段も安いため、油をたくさん使う揚げ物などにはなたね油がお勧め。

オリーブオイル

【飽和脂肪酸】

・バター

・ラード

ココナッツオイル・・・植物性の油なのに唯一飽和脂肪酸。健康効果もあり、一大ブームを起こしました。

 

 

●生のまま食べる

生のまま食べると、脂肪酸の有効成分を効果的に摂りいれることができます。

特に、オメガ3は現代人に不足しがちな必須脂肪酸であり、積極的な摂取が求められています。

【オメガ3脂肪酸】

亜麻仁油

・エゴマ油

・グリーンナッツ油

ヘンプシードオイル・・・オメガ3とオメガ6を理想的なバランスで含んでいる万能油。

【オメガ6脂肪酸】

・サラダ油

・ゴマ油

・紅花油

・コーン油

・ひまわり油

 

 

このように、油の性質を知ることで、油の効果ぞ存分に発揮することができます。

せっかくいい油を買ったのなら、その効果を存分に摂りいれたいですね。

 

また、食用油から取り入れるのは難しい、油のにおいが苦手、高価な油よりももっと手軽に補いたい、

という方には、オメガ3のサプリメントがお勧めです。

たくさんあるオメガ3サプリメントですが、その質と安全性が大切です。

質が良く安全なサプリメントの選び方も掲載していますので、合わせてごらんください。

>>オメガ3サプリの選び方