糖尿病を防ぐための油の選び方

糖尿病の原因といえば、糖質ですが、その次に重要なのが脂質の選び方です。

 

悪い脂質を摂りいれることで、肥満を招きます。
もちろん、肥満は糖尿病を招きます。

 

では、なぜ悪い油が肥満を招くのでしょうか。

 

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s
 

悪い油といえばトランス脂肪酸ですが、

トランス脂肪酸は人工的に作り出された不自然な油であるがために、体内で利用されることがありません。


ただ脂肪として蓄積されていくだけなのです。

>>トランス脂肪酸の恐ろしさ

 

また、脂質は細胞膜の原料となっていますが、トランス脂肪酸は構造が不自然であるがために、正常に機能する細胞膜を作り出すことができません。

細胞膜では、血糖値を下げるインシュリンを受け取って体に作用させているのですが、その細胞膜が作用しなくなると、

せっかくインシュリンが分泌されても、しっかりと反応ができなくなってしまいます。

 

インシュリンが効かなくなってくると、血糖値はどんどん上がり続け、糖尿病になってしまうのです。

そのため、糖尿病を予防するためには、まずは糖質を控えること。

そして、良質な脂質を摂り入れることが重要になってきます。

 

>>良質な脂質の選び方