亜麻仁油の効果

油の摂り方で、病気になりやすい体になったり、健康増進になったりと、油の選び方ひとつで私たちの体は大きく左右されます。
健康増進のためにも取り入れたほうが良いとされるのが、オメガ3脂肪酸を多く含む油です。


オメガ3の効果とは、
血管拡張作用、血栓抑制作用、炎症抑制作用、アレルギー抑制作用
などがあり、現代人に不足していると言われています。

そのため、積極的な摂取が推奨されています。


そんなオメガ3の含有量が植物油の中で突出しているのが、亜麻仁油です。
亜麻仁油の効果としては、
認知症、うつ病、ガン、糖尿病、肥満、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、アトピー、花粉症、などの病気の予防として、またはダイエットや健康維持の効果が期待されています。


亜麻仁油

油に含まれている多価不飽和脂肪酸には、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸がありますが、
現代人は圧倒的にオメガ6脂肪酸を摂りすぎています。

オメガ6脂肪酸の効果としては、
血液凝固作用、血栓促進作用、炎症促進作用、アレルギー促進作用があります。

身近に使っている油や市販されている揚げ物、油製品のほとんどが
オメガ6脂肪酸が含まれている油です。

オメガ6脂肪酸を摂りすぎることで、アレルギー体質になったり、炎症を促進してしまいます。
そのため、オメガ6と拮抗した効果のあるオメガ3脂肪酸の摂取を心がけることで、
アレルギーを抑制し、炎症を鎮めることができる
のです。

オメガ6が多く出回っている今だからこそ、
オメガ3を積極的に意識して取り入れる必要があります。



亜麻仁油は、なかなか手に入らず高価なイメージですが、
こちらのエクストラバージン亜麻仁油を販売しているサイトでは、
初回購入価格として、かなり割引がされていますので興味のある方は参考にどうぞ。

(エクストラバージン亜麻仁油公式サイト)

ヘンプシードオイルの成分;オメガ3とオメガ6の配合に注目!

ヘンプシードオイル(麻の実油)を聞いたことがあるでしょうか。

麻の実からとれる油で、色は薄い緑色で、ほのかにナッツの香ばしい香りがします。
その効果から万能なオイルとして、アメリカではスーパーフードとして
人気が高まっています。

何がすごいのかというと、オメガ3とオメガ6を
理想的な配合で含んでいるからです。


油の成分である脂肪酸には、オメガ3とオメガ6がありますが、
この両者をバランスよく取り入れることが、健康的な体を作る上で重要と言われています。



そのバランス比としては、世界保健機関(WHO)や厚生労働省が推奨する割合はオメガ3:オメガ6=1:4なのに対し、
ヘンプシードオイルはオメガ3:オメガ6=1:3の割合で含んでいます。


現代人はオメガ6を摂りすぎている現状から、出来るだけオメガ3を意識して摂りましょう、という風潮になってきていますので、ヘンプシードオイルの1:3は理想的だと言えます。


ほとんどのオイルは、オメガ3かオメガ6のどちらか1種類のみを含んでいる油がほとんどなので、いかにヘンプシードオイルが理想的な油かが分かります。


両者をバランスよくとりましょう、と言われており、
オメガ3の油を探したり、オメガ6で質の良い油を探したりしていますが、

これがあれば、初めからバランスよく配合していますので、
これ一つでまかなえる、というのです。



04becb5699d649cc0441f5d5b91b8a3a_s

また、ヘンプシードオイルはビタミンAやビタミンC、若返りのビタミンと言われているビタミンE、食物繊維を豊富に含んでいます。
そして、9種類の必須アミノ酸も含んでいるのです。

これだけの豊富な栄養素を含んでいるため、スーパーフードと言われているのです。



少しお値段は高いですが、これらの成分や効果を考えると納得ができます。
難病やあらゆる疾患の予防に、美容や健康維持に、是非質の良いヘンプシードオイルを選んでみることをお勧めします。
ヘンプシードオイルの効果についてはこちらを参照ください。



ヘンプシードオイルを選ぶなら、質の良い安心安全なものを選ぶようにしましょう。
質の悪いものには、すでに参加していたり、その製造方法が明確ではなかったりと、その効果をしっかりと取り入れることができないものがあります。

ここでお勧めするヘンプシードオイルは、生産地や製造方法、そして保存方法も徹底しているため、とても安心できる商品です。
「ヘンプキッチンの麻の実油」は、コールドプレス(低温圧搾法)で抽出した、高品質のオーガニックオイルなのでおすすめです。


高温調理をする際に選ぶ油/その理由とは

油の選び方は、その製造過程や生産方法が安全かどうか、というところも重要なのですが、

料理方法によって選ぶことも重要です。

そもそも植物油は不飽和脂肪酸で、熱に弱いという性質があります。
熱を加えると酸化して質の悪い油になってしまい、
せっかく良い油でもその効果を得られないことになります。

そこで、高温調理をする際は、熱に強い油を、
生で食べるサラダなどには熱に弱い油を、
という具合に使い分ける必要があります。

 

 

3366c79b3f706552316f6feb2d2960d2_s
 

では、熱を加える料理に使える油を紹介します。

 

 

●動物性油脂
バターラードなどは、熱に強く、炒め物などに適しています。
風味や濃くも出ますので、料理のアクセントに。
ただし、飼料や生産方法にこだわったものを選びましょう。
エサに農薬たっぷりの飼料や抗生剤、ホルモン剤を多量に使っているものはやめましょう。

 

●ココナッツオイル
植物性なのに飽和脂肪酸のココナッツオイルは、熱に強いという性質があります。
炒め物や揚げ物、ケーキ屋お菓子作りなどに最適です。
(生産方法には注意しましょう。劇薬をかけて高温で油を抽出している質の悪いものが多く出回っています。)
→お勧めのココナッツオイル

 

●オメガ9を含む油
植物性で不飽和脂肪酸ですが、一価性飽和脂肪酸に分類され、他の植物性油脂よりは熱に強い特性があります。
オリーブオイルなたね油ピーナッツ油アボカド油、などのオイルがあります。
(ただし、生成方法や産地などには注意しましょう。)
これらも格安生産されたものは、酸化していたり、薬品を使って生成し、添加物を加えているものも少なくありません。
選ぶ際には、産地や生産方法、製造方法に気を付けて選ぶようにしましょう。

ピーナッツ油やアボカド油は手に入りにくく、値段も高くなります。

そのため、高温調理には比較的手に入りやすくて安価なオリーブオイルやなたね油をお勧めします。

オリーブオイルは独特の風味があるので、料理を選びますが、なたね油はになんにでもなじみやすく合わせやすいのでどんな料理にでも使えて便利ですよ。

炒め物や揚げ物だけでなく、お菓子作りなどにも活用できます。

→お勧めのオリーブオイル

→お勧めのなたね油

オリーブオイルの効果

オリーブオイルは一般家庭でも多く使われている割とポピュラーな油です。
主にイタリアン料理に多く使われていますね。

そんなオリーブオイルの効果について、まとめていきます。

オリーブとサラダ

オリーブオイルには、ポリフェノール、オレイン酸、αトコフェノールが豊富に含まれています。
・ポリフェノール・・・抗菌作用や高い抗酸化作用があります。抗菌作用によりニキビや吹き出物の予防や、抗酸化作用により、老化防止、アンチエイジングや美肌の作用が期待されます。

・オレイン酸・・・善玉コレステロールを下げずに悪玉コレステロールを下げてくれます。オリーブオイルの約70%がこのオレイン酸です。

・αトコフェノール・・・最も活性酸素を抑えてくれるビタミンEのことです。


このように健康でのプラスとなる効果がたくさんありますが、最近では質の悪いオリーブオイルが出回っています。
これらの効果があるのは、質の良い本物のオリーブオイルに限ります。
そのため、質の良い本物を見分ける目を持つ必要があります。

ここでお勧めしているクルス・デル・スールのエクストラバージンオリーブオイルは、
健康食品店でも取り扱われている、とても信頼度の高い本物のオリーブオイルです。

オリーブオイル本来の効果を存分に引き出してくれます。

詳しくは公式ページをご覧ください。

(クルス・デル・スールのエクストラバージンオリーブオイル公式サイト)

本物のエキストラバージンオリーブオイルを選ぶならコレで決まり!

オリーブオイルは熱に強いオメガ9系脂肪酸の油です。


炒め物やお菓子作りにも適しています。

とくにエキストラバージンオリーブオイルは風味も味も高品質なもので、イタリアン料理には欠かせない風味のあるオイルそして、人気があり市場に多く出回っています。

オリーブの実
しかし、多く出回っているからこそ、注意が必要です。
最近話題になりましたが、質の悪いオリーブオイルが出回っているのです。

イタリアのメーカーは、前年以降のオリーブオイルに新鮮な緑色を付けるために、硫酸銅でコーティングされてリサイクルしていました。
硫酸銅とは、殺虫剤などに使用される成分で、過剰摂取で吐き気や嘔吐腹痛などの症状が出現し、死に至る場合もある劇薬です。

更に、普通のオイルをエクストラバージンと偽装して販売していました。

このような偽装オリーブオイルは米国と日本で数千トンが販売されたといいます。

質の低下が問題視されているオリーブオイル。

格安で多く出回っているものには必ずと言ってもいいほど裏があるので
疑問を持つことが必要です。

本当に安心できるオリーブオイルを求めるなら、スーパーやドラッグストアの格安商品ではなく、
安心できる産地かどうか、製法はどうか、製造物や販売元を調べる必要があります。

ここでは、安心できるオリーブオイルを紹介します。

 

 

「クルス・デル・スールのオリーブオイル」

チリ産最高級エクストラバージンオリーブオイルであり、健康食品店でも多くの取り扱いがあり安心のブランドです。

酸度0.2%という圧倒的な新鮮さです。

収穫からわずか4時間で搾油しているという管理の徹底さからもその鮮度がうかがわれます。

熱を加えないコールドプロセス製法で搾油されており、、トランス脂肪酸も含まれている恐れはなく、未精製なのでオリーブの栄養素が豊富に含まれています。

見ての通り、しっかりとした遮光瓶に保存されているので、酸化するのを防ぐことができており、よりフレッシュな状態で手元に届くのです。



 

「ミカドのオリーブオイル」

南米ウルグアイ産の最高級エクストラバージンオリーブオイルです。

徹底的な管理の物に製造されており、酸度0,2%とこちらも圧倒的な鮮度を保っています。

ミネラルを豊富に含んだ水と、豊かな土壌、澄んだ空気、豊富な太陽の元で生育された最高品質のオリーブの一番搾りを使用しています。

日本人の食卓に並ぶ料理と相性の良い、日本人好みの風味と豊かな味わいを実現すべく選ばれたブレンド品種のオリーブオイルです。
日本人好みの風味と豊かな味わいに仕上げたブランドのオイルなので、日本人にとって、最高においしいオリーブオイルに仕上がっています。

しっかりとした遮光瓶なので、酸化することなく新鮮な状態で自宅まで届きます。

レビュー投稿でプレゼントが付く特典もあり、今注目のオイルです。


 

 

さて、本物のエキストラバージンオリーブオイルはいかがでしたでしょうか。

普段買っているものより若干値が張るものだったでしょうか。

それだけ手間や時間労力がかかった本物のオリーブオイルなので、それ相応の値段と言えます。

健康はお金には変えられないので、質の良いものを選びたいものですね。

 

オリーブオイルは産地や製法によって風味や味わいが違います。
自分には合っていても、他の人にはにおいがきつかったり、逆ににおいが物足りなく感じたりと、大きく好みが分かれます。

自分に合ったオリーブオイルを探すためには、実際に口に含んで、香り、味、などを試してみましょう。

 

>>高温調理に最適なオイルとは?

揚げ物をするなら「なでしこ健康生活」のなたね油

揚げ物は、高温で調理するため、オイルが酸化しやすい調理法の代表です。

そのため、揚げ物に使う油は、酸化しにくい油を選ぶようにしましょう。

具体的には、動物性油脂やココナッツオイル、オメガ9を含む油が適していると言えます。

しかし、中には少しの量でいい値段する油も多いですよね。

そこで、揚げ物をするなら比較的安価なオメガ9を含む「なたね油」をお勧めします。
d49eda6848eeaab8495eeeb0f9a67c07_s
 

ただし、注意したいのは、なたね油も質の悪いものが出回っている、ということです。

 

なたね油を選ぶ際のポイントは、
⓵時間をかけてなたねの実をすりつぶして油を搾り取る方法である「圧搾法」、で作られているものを選ぶ
⓶遺伝子組み換え不使用のものを選ぶ
⓷産地が明記されているものを選ぶ

ということに注意して選ぶ必要があります。

 

圧搾法は昔ながらの製法ですが、時間とコストがかかります。
そこで、安く大量に作るために、薬品を使って油を一気に絞り出す方法が主流になってしまいました。
そこで使われている薬品とは、「ノルマルヘキサン」という有害物質です。

 

ノルマルヘキサンを加えて作る油は、分子構造が変化してしまい、トランス脂肪酸になります。
せっかくオメガ9の油を摂ろうと思っても、質の悪いものでは、最も有害な油であるトランス脂肪酸を摂ることになってしまうのです。

また、安く油を作ろうと思ったら、遺伝子組み換えのなたねは欠かせません。
遺伝子が操作されて虫が寄り付かない、成長が以上に速いなたね油を食べても、健康効果は期待できません。

有害化学物質は脂溶性なので、油の中に溶け込む習性があります。

製造方法にこだわらない油は、より多くの有害化学物質を含んでいる危険性があるため、
選ぶ際には産地や製造方法が明記されているものを選びましょう。

産地や製造方法が安全ななたね油はスーパーやドラッグストアなどではなかなか手に入りにくいのですが、
ネット通販なら簡単に手に入ります。

 

ここでお勧めするのは、「なでしこ健康生活のなたね油」です。
玉締め製法一番搾りで、厳選された国産菜種100%の、
安心して使うことのできるなたね油です。

もちろん、食品添加物無添加です。

 

なたね油は、オメガ9であり、植物性油脂の中でも熱に強い油です。
揚げ物や炒め物に最適なのです。
しかも、他のオメガ9の油よりも比較的手に入りやすく、安価でもあります。
(他にもオリーブオイル、ピーナッツオイル、アボカドオイルなどがあります。)

 

普段使いの炒め物や揚げ物にはどんな油を使っていますか?
スーパーなどで売られているプラスチック容器に入っている、
格安の油(サラダ油、調合サラダ油、食用調合油)を使っていませんか?

「コレステロールゼロ、コレステロールを下げる。」
などという宣伝文句に騙されてはいけません。

 

サラダ油は、現代人が摂りすぎているオメガ6です。
しかも、様々な格安の植物油をかけ合わせた、精制度の高い油になっており、
色や香りを良くするため、そして酸化しないためにたくさんの食品添加物を加えてあります。

サラダ油がなぜ健康にいいともてはやされているのかというと、
オメガ6の代表格であるリノール酸に、コレステロール値を下げる作用があることが発表されたからです。
そのため、コレステロールを下げる健康油として格安にたたき売りされるようになったのです。

しかし、コレステロールは体に必要な資質であり、むやみに下げる必要もありません。
日本のコレステロールの基準値は意図的に低すぎる値になっているのも問題ですが・・・。

それよりも、サラダ油の恐ろしさとは、オメガ6の過剰摂取による炎症促進作用です。
また、農薬や化学肥料を多量に使った遺伝子組み換えの植物油を使っていると考えられることです。
植物油の調合は企業秘密となっていますが、安さの裏には必ずからくりがあります。

健康はお金には代えられません。
日頃気にかけて生活しているろ、将来大きな病気を発症するリスクを下げることができます。

格安の油を使って将来医療費を費やすか、
本物の油に少しお金をかけて生涯を健康に過ごすか、


選ぶのはあなた次第です。

少なからず、普段使いの油を本物の質の良い油に置き換えることが、健康への第一歩となることに違いはありません。



トランス脂肪酸を避ける方法とは?

 

今や多く出回っているトランス脂肪酸ですが、摂りいれないためには何に気を付ければよいのでしょうか。
まずは、格安で売られている油や油の加工食品は怪しいと思いましょう。

格安で大量生産されているものには含まれると思ってよいでしょう。

そして、不自然な食べ物は食べないことです。

時間が経ってカリカリ、フワフワ、格安で売られている、タダ同然で取り放題・・・

 

惣菜売り場の揚げ物や、市販のドーナッツ、ポテト、ナゲット、から揚げ、チキンフライ、コンビニの揚げ物、格安弁当の揚げ物などには、トランス脂肪酸であるショートニングが使われています。

 

28ae2a6791da368259a40d28c79b13d3_s
 

トランス脂肪酸は、酸化しにくいので時間がたってもカリカリとした触感が楽しめます。
そのうえ格安で手に入るため、少しでもコストを抑えたい大手チェーン店や飲食店などで多く使われているのが現状です。

 

また、スーパーなどで売られている格安の油や、ドレッシングなどにもトランス脂肪酸が使われています。
注意したいのは、原材料名にトランス脂肪酸と書かれているわけではない、ということです。

 

どのように記載されているのかというと、原材料名に「ショートニング」「ファットスプレッド」「水素化油脂」と記載されています。

この記載があると、間違いなくトランス脂肪酸だと思ってください。

 

また、大量生産されて格安で販売されている油を使った商品(ドレッシング・マヨネーズ・クッキー・ケーキ・アイスクリーム・
スナック菓子、揚げ菓子、インスタント食品、冷凍食品など)
に、「植物油脂」・「植物油」との記載がありますが、これらもトランス脂肪酸の可能性があります。

 

マーガリンもトランス脂肪酸の代表的な産物であり、マーガリンが含まれている加工食品もトランス脂肪酸がたっぷり含まれているので要注意です。

 

0488f8f090f2319f268e25e7ee934d62_s
 

植物油=安全
という刷り込みから、安心感があって購入する方も多いかと思いますが、必ずしも安全ではありません。
むしろ、産地や生成方法が不明な植物油は、非常に危険です。

 

病気にならないためにも、油の選び方は慎重になる必要があります。

 

>>安全な食用油の選び方

ココナッツオイルの効果/その理由

ココナッツオイル健康法は、今やブームになっています。

なぜなら、ココナッツオイルは、植物油でオメガ3を多く含んでいる上に、酸化しにくい飽和脂肪酸だからです。

 

植物油のほとんどは液体状の参加しやすい不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸は、その分子構造が不安定なため、酸化しやすいというデメリットもあります。

 

しかしココナッツオイルは、飽和脂肪酸で酸化しにくいため、料理にも使うことができ、

健康維持には欠かせないオメガ3脂肪酸も含んでいるのです。

 

23423dc83d7c390fa6049cb4953eb810_s
 

主な期待される効果と、予防できる疾患としては、
ダイエット、美肌、美髪、感染症、動脈硬化、心臓病、アルツハイマー病、消化器疾患や栄養吸収障害、クローン病、骨粗鬆症、胆のう疾患、慢性疲労症候群、ガン、糖尿病、肝臓病、泌尿器疾患、前立腺肥大など。

 

これらのココナッツオイルの効果に関する書籍や、研究データが出されており、多くの疾患予防の効果が期待されていることが分かります。

是非、毎日の食卓にココナッツオイルを摂りいれてみましょう。

 

>>お勧めのココナッツオイルはこちら