週1回の頑固な便秘も改善!?効果のあった油を暴露します。

毎朝スッキリと出ない、お腹が張って苦しい、お腹が痛い、食欲が出ない、

このような症状はありませんか?

 

腸の動きが悪いと、排泄物を外に出せずにどんどんたまってしまいます。

私自身も数年前はかなり頑固な便秘で、1週間出ないことが当たり前でした。

吹き出物が多かったり、お腹が張って痛かったり、体重が増えたり・・・

辛い症状と気になることが多くありました。

 

しかし、今では毎日スッキリ快調です。

なぜこのように変わることができたのか、その理由を紹介します。

 

何を変えたのかというと、食生活と油です。

 

食事では、着色料や香料、防腐剤、などの食品添加物を摂らない生活をするようにしました。

食品添加物は有害な化学肥料です。

たくさん食べていると、腸内の細菌が生きられたい環境になってしまい、腸内フローラが乱れてしまいます。

そのため、腸の動きが悪くなって出なくなってしまうのです。

今一度、食べている食品の原材料名を確かめてみましょう。

そこに、聞いたこともないような化学物質の名前や、台所にないような薬品の名前があれば、それは食品添加物です。

 

20080619-90004386-r25-001-1-thumb
 

油に関しては、その質にこだわりました。

便秘の人の便って、硬くて水に沈みますよね。
柔らかい便にするためには、もうひとつ摂取したいものがあります。
それは、オリーブオイルオメガ3の油です。

オリーブオイルやオメガ3の油は、不飽和脂肪酸です。
この不飽和脂肪酸は、便をコーティングして滑りを良くすることで、大腸内をスムーズに移動できる潤滑剤として作用するのです。

また、便自体の移動がスムーズになるため、ぜん動運動も安定してきます。
排便時の滑りも良いため、お尻の負担も減少します。

 

実際に試してみたオリーブオイルがこちらです。

>>効果があったオリーブオイルがコチラ

オイルの酸度も低く、とても質が良くて安全なオリーブオイルで、日々の料理やサラダ、パンに塗るなどしていろいろなシーンで食べていました。

オリーブの実
 

 

オリーブオイルは便秘に効果があるとメディアでも取り上げられましたが、

私が効果があってお勧めしたいのはオメガ3の油で、便秘解消だけでない効果がたくさんあります。
オメガ3の油とは、亜麻仁油やえごま油、青背の魚に多く含まれている油です。

オメガ3は現代人に不足している栄養素であり、

便秘解消以外にも脂肪燃焼効果冷え性解消免疫力アップアレルギー改善などの効果も期待できます。

>>オメガ3を含む油とは?

私自身、便秘以外にも花粉症にも毎年悩まされていました。

そこで、オメガ3が花粉症に良いと聞き、良いチャンスだと思い両方克服すべく摂りいれました。

即効性はありませんが、オメガ3を摂りいれることで少しずつ体質が改善され、結果として両方を改善することができました、

 

オリーブオイルやオメガ3の油は、毎日摂取することによって腸内環境を少しずつ整えていきます。
便秘薬のような速効性はありませんが、根本的な体質改善に向けてコツコツ頑張りたいものです。

 

1日の摂取量としては、

●オリーブオイル:大さじ1~2杯、

●オメガ3の油:小さじ1杯強

が目安となります。
これらの油は、いくら体にいいからと言ってたくさん摂り過ぎないようにしましょう。

オメガ3の摂り過ぎは、吐き気や下痢を引き起こす場合もあるので、量を増やす場合は少しずつ様子を見ながら増やしてください。

そして油は単品ではなく、食物繊維の多い野菜や納豆などの発酵食品にかけて食べると、より効果的です。
おいしく便秘解消に取り組みましょう。

 

>>オメガ3含有量の多い油を選ぶ方法

便秘の種類と改善方法

便秘には種類があります。

その種類によって、原因や改善方法が異なります。

ここでは、便秘の種類どとの原因と改善方法について解説します。

 

398232
 

 

【弛緩性便秘】

腸内環境の乱れが原因として挙げられます。

腸の中には、善玉菌や悪玉菌を呼ばれる細菌がいますが、これらがバランスを保つことで腸内の環境を整えています。

腸内細菌は食物を分解してくれ、消化吸収には欠かせない存在なので、乱れると腸の働きが悪くなり、便秘につながります。

改善方法としては、食べ過ぎでいることが挙げられるので、断食をすることです。

ファスティングともいいますが、朝食断食・1日断食・2日断食・3日断食、などと、自宅でもできる断食はあります。

食物の消化吸収にはかなりのエネルギーと酵素を消費するので、断食をして腸を休めてあげることで、腸がキレイになり元気を取り戻すのです。

>>断食の方法とは?

また、食品添加物などの有害化学物質を食べないことです。

これらの有害化学物質が体内に入ると、腸内細菌が生きていけない環境になってしまいます。

腸内細菌がいなくなってしまうと、消化吸収が上手く行えずに腸の動きは悪くなり、便秘につながります。

そのため、できるだけ自然に近い食べ物を食べるようにしましょう。

そして、腸内環境を整えるためには、誰もが知っている知識である、発酵食品を食べることです。

発酵食品に含まれている乳酸菌などの善玉菌が腸内環境を改善してくれます。

あとは、軽い運動と水分、食物繊維を毎日摂りいれることです。

断食数日間行い、腸内をキレイにしてから少しずつ食事を開始していき、自然なものと発酵食品を摂りいれることが理想的です。

 

【けいれん性便秘】

主な原因はストレスです。

体がストレスを受けると交感神経優位の状態になります。ようは、体が戦闘モードで緊張状態になっているのです。

腸が活発に動くのは副交感神経優位の時ですから、ストレスを受け続けると腸は動きが悪くなります。

 

ここでの改善方法は、ストレス発散の方法を見つけること。ストレスを受けない工夫をすることです。

・・・と言うと、「そんなことわかっているけど、どうしようもないいんだよ!」という声が聞こえてきそうです。

そんな時にお勧めなのが、半身浴をすることです。

半身浴は、交感神経優位の状態を無理やり副交感神経優位の状態に変えてくれる唯一の方法なのです。

40度前後のぬるめのお湯に、胃より下を浸かるようにします。

時間は、体力と時間が許す限り何時間でも浸かってほしいところですが、無理のない範囲で行います。

こと時、水分補給もしっかりと行ってください。

すると、副交感神経優位になりリラックスして眠くなるはずです。ぐっすりと眠りにつけば、その間に腸は動きを取り戻すでしょう。

頑固な便秘の方は、半身浴を毎日続けてみてください。

 

【直腸性便秘】

便意の我慢が原因です。

通常は、蠕動運動によって排泄物が直腸まで運ばれると、脳が排便の指示を出し、便意が起こります。

しかし、学校や職場などで排便を我慢することを続けていると、直腸に排泄物が到達しても便意を感じなくなってしまうのです。

改善方法としては、排便をする習慣をつけることです。

便意がなくても、決まった時間にトイレに行きます。

午前中は体は排泄の時間なので、朝起きてからの時間がお勧めです。

朝食は無理に食べる必要はありません。

食べ過ぎると腸に負担がかかり、動きが悪くなりますし、まずは出さないことには入らないし、入っても吸収されません。

朝どうしてもお腹がすくという場合は、酵素を摂りいれましょう。酵素は消化吸収を助けてくれる働きをします。

生の野菜や果物には、酵素が含まれていますので、朝どうしてもお腹がすく場合は取り入れてみましょう。

また、便秘の際に摂りいれたい栄養素としては、良質な油です。

油は潤滑剤のような役割もあり、便の滑りを良くして出やすくなります。

良質な油とは、オメガ3を含む油です。オメガ3は血流を良くする働きがあります。

血流が良くなると、腸に送られてくる血流量も増し、腸の働きがより活発になります。

腸の動きが活発になると、便秘の改善が期待できる、というわけです。

オリーブとサラダ
便秘改善のためには、まずは良質なオメガ3を含む油を摂りいれてみましょう。

>>オメガ3を含む油を選ぶには?

 

便秘は薬では治らない:改善する正しい方法とは?

便秘は、毒素を排泄できずにため込んでしまい、あらゆる病気を引き起こす原因ともなります。

そんな重要な便秘を侮ってはいけません。

毎日のちょっとした工夫で改善できる症状でもありますので、今日から生活習慣を見直してお腹の中から健康になりましょう。

 

●お腹が張って痛い

●吐き気や食欲不振がある

●やる気や集中力が出ない

●排便回数・量が少ない

●肌荒れがひどい

このような症状はありませんか。

9538c51a96c677d5baf9887ffad38b24_s
 

便秘は、このようなあらゆる症状を引き起こします。

症状が続くと辛いため、なんとしても改善したいと思うでしょう。

しかし、便秘にいいからと言って、間違った方法で逆に便秘を悪化させていませんか?

 

 

「便秘だから下剤を飲もう」と、毎回薬に頼ってしまう人も少なくはないでしょう。

しかし、ちょっと待ってください!!

その考えが、便秘を慢性化させているかもしれません。

 

調子が悪ければすぐに薬!というのは製薬会社の売り上げアップのための刷り込みでもあります。

そもそも、薬は石油から作られる化学物質です。

化学物質の急激な作用で、病気が良くなったように感じますが、症状を一時的に和らげているだけで、

原因が治る訳ではありません。薬はその場しのぎの対処療法にすぎません。

 

便秘も同じです。

薬の作用で、腸を刺激して一時的に動かしているので、腸が薬に頼らないと動かなくなってしまいます。

すると、薬から抜け出せなくなり、どんどん強い薬にしないと効果が得られなくなってしまいます。

これでは自然な排便が困難になってしまいます。

 

薬に頼るのではなく、人間が本来持って生まれた腸の動きを取り戻す必要があります。

そのヒントとなるのが、良質な油なのです。

ダイエットや間違った健康志向で油を控えている人もいるかもしれませんが、

良質な油は、代謝を上げて痩せやすい体質にしますし、便秘を改善してくれる効果も期待できます。

 

では、便秘改善に効く油について一緒に学んでいきましょう。