オメガ3と葉酸が一緒に摂れるサプリはどれ?

オメガ3は赤ちゃんの頭の発育に大きく影響していると言われています。

脳は脂質から作られているからです。脳を作っている胎児には良質な脂質を届けてあげる必要があります。

そこで注目したいのがオメガ3脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸は、脳の発達に良いとされており、胎児が頭が良くなったり、高齢者の認知症が軽減するなどと言われています。

赤ちゃんの将来のためにも、妊娠中にはぜひとも摂りいれたい栄養素です。

 

 

そして、赤ちゃんの発育のために必要な栄養素と言えば、葉酸です。

葉酸とは、ビタミンB群の一種で、赤ちゃんの発育を助けてくれる重要な栄養素です。

葉酸が不足すると胎児に影響が出るリスクが増加するため、妊娠中の女性は特に摂取しておきたい栄養素でもあります。

 

葉酸の働きとしては、以下のことがあげられます。

cheak胎児の正常な発育

cheak赤血球を作り、貧血を予防

cheak良質な血液作り母乳の質を向上

cheak精神面でのサポート

 

 

そのため妊活中や妊娠中、授乳中には、赤ちゃんのためにオメガ3脂肪酸と葉酸を多めに取り入れていく

必要があります。

 

オメガ3のサプリメントや葉酸のサプリメントなどは多く出回っていますが、両方の栄養素を含むサプリメントはあのでしょうか。

 

そこで、お勧めなのがはぐくみ「ハグラビ」です。

これには赤ちゃんのために摂りいれたい栄養素であるオメガ3と葉酸が両方とも含まれています。

 

妊娠中・授乳中にでも安心して飲むことができるサプリメントで、

赤ちゃんへオメガ3を届け、赤ちゃんの発育や頭のために、多くの先輩ママに利用されています。

成分は、オメガ3含有量の高い亜麻仁油とクリルオイルが含まれています。

クリルオイルに含まれているアスタキサンチンは、オメガ3の鮮度を保ち、新鮮なまま体内に届けてくれる役割があります。

そのため、より新鮮なオメガ3を摂りいれることができるので、オメガ3の効果を存分に発揮できるのです。

 



 

妊活でオメガ3が必要な理由とは?

オメガ3は、妊娠しやすい体質づくりにも効果的だとして、見直されてきています。

 

現代人が不妊に陥っている原因として、食事の質の低下と環境ホルモンが挙げられます。

安くて手軽に食べられる、食品添加物や農薬などの化学物質を多く使った質の下がった食品が多数出回っています。

目前の安さや便利さだけに目がくらみ、毎日食べてしまうと、私たちの細胞の遺伝子が傷つきますし、これらの化学物質は体内に蓄積され、不妊、アレルギー疾患や難病、ガンなどの病気の原因になっています。

 

e0f22d6017429b54047c5e2bc85a0fa0_s
 

遺伝子に傷がついてしまうと、うまく機能しない細胞が作られたり、異常増殖(癌細胞)する細胞が作られてしまうリスクが高まります。

 

特に、細胞分裂の盛んな精子や卵子の遺伝子は、これらの影響をダイレクトで受けやすいのです。

そのため、卵子や精子の量や質の低下により、妊娠しにくい体になっているのです。

 

また、環境ホルモンはプラスチックなどの石油系製品や、石油系合成洗剤、食品添加物(ほとんどが石油から出来ている)などにより、性ホルモンの働きがくるってしまいます。

すると、月経のリズムが崩れたり、精子や卵子を作り出せなかったりと、不妊リスクが高まります。

 

 

 

そこで、オメガ3の効果を見てみましょう。

オメガ3からは、ホルモンの原料となるプロスタグランディンが作られます。このプロスタグランディンから女性ホルモンや男性ホルモンもつくられるのです。

また、オメガ3自体も、卵子の質が高めることが海外の研究で分かっています。

 

妊娠に関係しているのは、女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンとプロゲステロンです。

エストロゲンは妊娠をしやすい体をつくるホルモン、プロゲステロンは妊娠を維持することに関係しているホルモンです。

 

☆卵子や精子が作られる過程をサポートし、質の良いものを作る
☆ホルモンのバランスを整えて妊娠しやすい体質を作る


 

これらの効果のためにも、オメガ3を摂り入れることが重要です。

 

また、オメガ3には、子宮の血量を増やす働きがあります。

子宮に血がたっぷりと流れ込むと、子宮が厚く暖かくなり着床しやすくなります。

不妊の原因の一つに子宮が薄く冷えていることが挙げられるので、積極的に摂りいれて、着床しやすい子宮を作り、妊娠しやすい体質を手に入れましょう。

 

>>妊活中にお勧めのオメガ3サプリとは?

妊娠中にもオメガ3を摂ったほうがいいのはなぜ?

妊娠初期から授乳中にかけて積極的にオメガ3脂肪酸をとることで、
赤ちゃんの認知力記憶力がよくなり、脳の発育がよくなると言われています。

 

e6640fe6680a39da34bd3ce4a6842bc0_s
 

オメガ3脂肪酸は人間の体内で合成することができません。

そのため、食物から摂取しなければいけない脂肪酸です。

妊娠中にオメガ3脂肪酸をとると、早産予防になる、赤ちゃんの知能指数が高くなる
など様々な効果があることがわかってきました。

そのため、妊娠中でも積極的にとることが大切なんです。

 

>>妊娠中にお勧めのオメガ3サプリ

オメガ3が早産のリスクを減らす

早産リスクは、日々の食事とオメガ3を摂取することで減らすことができます。

 

外国で約9000任の妊婦さんを対象とした、オメガ3と早産と胎児の体重の関係性を調べた研究があります。

これによると、オメガ3の摂取量が少ない女性ほど、早産だったり、未熟児を出産するリスクが高かったそうです。

 

オメガ3は、子宮の血流量を多くしてくれるため、胎児に酸素や栄養がしっかりと行き渡り、胎児がとどまりやすくなります。

 

4c3db8ed60a2143d1c80f46b4aef71ab_s
 

早産になってしまう原因として、子宮の冷えがあります。

子宮が冷えると、血流が悪くなり、胎児に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなります。

冷えていると母体にも十分な血流がなく、胎児にまで栄養や酸素を届けることが難しくなります。

更に、冷えにより血流が悪くなると、胎盤も薄ぺらいものになり、胎児が居心地の悪い子宮になってしまいます。

 

すると、胎児が長く子宮にとどまっていては母子ともに危険なため、早く外に出てしまおうという反応が起こってしまうのです。

 

そうならないためにも、まずは子宮を冷やさないことです。

子宮を冷やす食べ物といえば、食品添加物や農薬などの有害化学物質です。

これらは子宮にどんどんたまって冷えを招きます。

まずは、日々の食事で、食品添加物を使わない。そして農薬のついた野菜や果物は控える。

次に行うことは、オメガ3を摂りいれることです。

 

オメガ3は子宮の血流量を増やしてくれる働きがあるため、ふかふかで温かい子宮を作り、早産を予防ができます。

 

早産予防に、胎児の発育のためにも、オメガ3を摂りいれてみてはいかがでしょうか。
>>妊娠中にお勧めのオメガ3サプリとは?

 

子どもの発育にオメガ3が必要な理由

お子さんの成長にもオメガ3が必要だということをご存知でしょうか。

オメガ3は必須脂肪酸の一種であり、体内で様々な用途に利用されています。

細胞膜を形成したり、ホルモンを生産したり、エネルギーになったり・・・。

 

成長期のお子さんは、細胞もどんどん分裂して大きくなっていく時期なので、

健やかな細胞膜の形成のためにも、質の良いオメガ3が必要になります。

 

もしここで、人工的に作り出された有害なトランス脂肪酸オメガ6などの危険な油を過剰に摂取してしまうと、それらで作られた細胞膜やホルモンは、正常に機能しなくなってしまいます。

ちょっとした異物にでも過剰に反応してしまう、アレルギー体質になってしまうのです。

>>危険な油とは

 

 

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s
 

 

成長期に細胞の数が決まると言われています。

最初に作られる細胞の質が悪いと、今後のお子さんの体質に影響しかねません。

 

そこで、質の良いオメガ3脂肪酸を摂りいれ、正常に機能する細胞膜を作る必要があるのです。

 

特に、オメガ3は

眼の健康や、学力の向上、集中力や社会性の向上など、

生きていくうえで必要な能力を身に着けることができると言われています。

 

厚生労働省では、1日に1000mgを摂取するようにと指導しています。

 

では実際に、オメガ3脂肪酸をどれくらい取り入れることができているでしょうか。

魚離れした現代の日本人の食生活では、オメガ3摂取量が極端に不足しています。

 

オメガ3摂取量
 

オメガ3脂肪酸であるDHA・EPAの目標摂取量は上図のようになっています。

これだけ、成長期のお子さんには良質な脂肪酸が必要なのです。

 

そこで、今からでも始められるDHA・EPA補給に、美健知箋EPA&DHAをお勧めしています。

美健知箋EPA&DHAは、特にお子さんの発育をサポートするために考えられたオメガ3サプリメントになります。

お子さんの将来の健康や学力のためにも、早めに取り入れておきたい商品です。

 

>>美健知箋EPA&DHAの公式販売ページ


オメガ3で生理痛が軽減できる!?

生理痛はホルモンバランスの乱れや子宮の冷えが原因です。

生理痛がひどい方は、日頃の食生活を思い返してください。

食品添加物の多い加工食品やファストフード、安価で便利な食品を多く取り入れていませんか。

 

食品添加物などに含まれる有害化学物質は、子宮に蓄積されていきます。

すると、子宮は冷えて血流も悪くなります。

女性は生理で有害が学物質などの毒を排出しているので、出す毒の量が多いほど生理痛は強くなります。


まずは、日ごろの食生活を見直してみましょう。

 

出来るだけ加工食品や外食をするのではなく自分でご飯を作りましょう。

その時にも注意が必要で、せっかく手作りしても、調味料や材料にも添加物だらけのものを使っていては意味がありません。

食品添加物で色や味を付けられたまがい物の調味料ではなく、本物の素材を発酵熟成して作られた調味料を使うことからスタートしてみましょう。

発酵熟成された醤油や味噌、みりんには乳酸菌などの善玉菌がたくさん含まれているので、腸内環境も整い、免疫力を上げることにもつながります。

 

 

652212c71ffe3370d4c5509e2cb1f593_s
 

また、生理痛緩和で注意指定のが、薬剤の過剰摂取です。

鎮痛剤は、血管を収縮させ血流を悪くします。

一時しのぎにはなりますが、安易に飲み続けていては、生理痛はどんどん強くなっていくので危険です。

薬は有害化学物質でもあります。

生理痛がひどいときに処方されるホルモン剤ですが、これも危険です。

飲み続けていると、有害化学物質は子宮に蓄積され、不妊や子宮内膜症、子宮筋腫、子宮がんなどの疾患を招きかねません。

生理痛がどうしても我慢できない時には仕方がありませんが、そうでない時は出来るだけ飲まないようにして、薬を飲むことが慢性化しないようにしましょう。

 

 

 

オメガ3も生理痛緩和に期待ができるため、取り入れてみてもいいかもしれません。

なぜなら、オメガ3とオメガ6それぞれが分泌するホルモンの量によって生理痛の有無や痛さの度合いが変わってくるからです。
オメガ6が多いと、プロスタグランジンというホルモンがたくさん分泌されて、子宮ぎゅ~っと締め付けられるため、生理痛が痛くなります。
一方、オメガ3は炎症を抑えるホルモン分泌を助ける働きがあり、摂取によっておオメガ6の量が相対的に少なくなるので、
生理痛対策に期待ができます。

 

食生活を気を付け、オメガ3を摂りいれて辛い生理痛を緩和させましょう。

 

>>お勧めのオメガ3サプリはこちら

妊娠中のオメガ3の摂取量とは?

平成23年国民健康・栄養調査報告(厚生労働省発表)によると、

1日の摂取量は、妊婦・授乳婦で、1日9グラムが推奨されています。
これなら、母乳への分泌も期待できる量であると公表されています。

 

しかし、日本人のオメガ3摂取量は慢性的に不足しています。

では、日ごろから青魚を食べていますか?

亜麻仁油やエゴマ油、くるみを食べていますか?

そうです。私たちは魚から肉食への食習慣の変化により、オメガ3を摂りいれる機会が極端に減っているのです。

 

1日に9グラムを摂ろうと思ったら、マグロの切り身33枚、イワシ2,5匹を食べなければなりません。

結構なハードルですよね。
しかも、つわりにより食べることができずに、オメガ3が不足する原因の一つになっています。

そこで、母子手帳に摂取量を推奨されている葉酸とオメガ3が一緒に摂れるサプリを活用している先輩ママさんもいるんです。

→葉酸とオメガ3が一緒に摂れるサプリとは?

 

1bdfa3f5b616d04c8886f558c4a6de66_s
 

 

お子さんが知能指数が高く賢いと、母親として自慢ですよね。
子ども自身にとっては、将来の職業選択の幅も広がることにもつながりますよね。

 

ちょっとした心がけから、大切なお子さんの将来が決まるかもしれなとなると、早いうちからオメガ3の摂取をスタートしてみるといいかもしれませんね。

 

>>妊娠中にお勧めのオメガ3サプリ一覧はこちら

 

 

オメガ3で胎児が賢くなるのは本当?

脳に良い成分で有名なのが、オメガ3脂肪酸ですね。

 

脳は脂質で出来ていますので、オメガ3のように、良質な脂質で脳が作られると、それだけ脳も質が良く回転が良い脳になることは想像ができます。

 

オメガ3は、正確にはαリノレン酸と呼ばれています。

人体に欠かせないけれども体では作ることができないため、食べ物から摂取しなければならない必須脂肪酸の一つです。
このオメガ3に、脳の発達を助ける役割があることが医学的に解明されているのです。

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s
 

お腹の中の赤ちゃんは、母親と栄養を共有しています。

母親が食べたものが、へその緒を通って赤ちゃんに送られます。
オメガ3脂肪酸も例外ではなく、へその緒から赤ちゃんに届けられて発育に活用されます。

オメガ3の効果は厚生労働省と消費者庁も認めています。

厚生労働省「統合医療」情報発信サイト

消費者庁HP「食品の機能性評価モデル事業結果報告」

 

オメガ3と胎児の脳の発育の関連性に関しては、海外の医学誌にも発表されていますし、発達障害児はオメガ3脂肪酸が少ない傾向にあることもわかっています。
ウィーン大学医学部の研究では、自閉症の人にオメガ3を摂取してもらうと、言語、学習、社会性などの分野でスキルが向上したとの結果が出ています。

 

お腹の赤ちゃんは、母親が食べたものをそのまま受け取っています。

母親が食べたものが赤ちゃんの発育に影響してくるので、妊娠中に食べるものには特に気を付けたいものですね。

お腹の中にいるときから、子供の脳の発育を助けてあげることができるとなると、是非オメガ3を摂りいれていきたいものです。
生まれてからも脳は発達するので、母乳を通して赤ちゃんにオメガ3を届けてあげたいですね。

 

>>妊婦さんのためのオメガ3サプリとは

 

 

妊活・妊娠・授乳中にお勧めのオメガ3サプリ

妊娠中にもオメガ3を摂り入れると、赤ちゃんの頭の発育に重要な働きをしてくれます。

オメガ3で賢くなるとも言われていますので、子どもの将来のためにも、お腹の中にいる時から気を付けてあげたいものですね。

また、不妊・早産の改善にもつながりますので、是非妊娠中や授乳中にでもオメガ3を摂り入れてみましょう。

下記に、妊活中や妊娠中、授乳中でも安心して飲めるオメガ3サプリメントを紹介します。

また、オメガ3だけでなく、赤ちゃんの成長には欠かせない葉酸も同時に摂れるサプリメントもありますので、是非この機会に利用してみましょう。

 

【妊娠中にお勧めのオメガ3サプリ】

はぐくみの「ハグラビ」

妊娠中・授乳中にでも安心して飲むことができるサプリメントです。

赤ちゃんへオメガ3を届け、赤ちゃんの発育や頭のために、多くの先輩ママに利用されています。

成分は、オメガ3含有量の高い亜麻仁油とクリルオイルが含まれています。

クリルオイルに含まれているアスタキサンチンは、オメガ3の鮮度を保ち、新鮮なまま体内に届けてくれる役割があります。

そのため、より新鮮なオメガ3を摂りいれることができるので、オメガ3の効果を存分に発揮できるのです。


 

 

 

【オメガ3+葉酸を含むサプリ】

ミーロード【ゆめやの葉酸サプリ】

胎児の発育に必要な栄養素である、葉酸も含むオメガ3サプリメントです。

妊活中、妊娠中、授乳中に摂りいれたい栄養素が豊富に含まれており、安心安全の無添加となっています。

葉酸だけのサプリはたくさんありますが、DHAをも含むサプリは他にはありません。

 

今最も注目されている脂肪酸である、オメガ3を赤ちゃんに届けることができる、葉酸サプリなのです!

赤ちゃんの発育に、頭のためにも、早めに取り入れてみましょう。

 

先輩ママの声も多数掲載されていますよ。


 

 

>>ホームへ戻る