コメ油の効果~美容と健康にいい理由~

コメ油にはたくさんの栄養素が含まれています。

健康増進効果や病気の予防、美容などに良いとされています。

では、そんなコメ油の効果を見てみましょう。

 

1、ビタミンE

コメ油にはビタミンEが豊富に含まれています。

その含有量は、他の一般的な油より40~60倍も多いと言われています。

コメ油のビタミンEは、抗酸化作用が強く、病気の予防や若返りにも注目されています。

コメ油のビタミンEの効果としては、

・病気の原因となる活性酵素を抑える働きがある。=病気予防

・細胞の老化を防ぐ。=アンチエイジング

 

2、オレイン酸

オレイン酸とは、植物油に多く含まれている脂肪酸の一種です。

私たち人間の皮膚の油もこのオレイン酸です。

米油にも含まれており、主な効果としては、善玉コレステロールの値は維持したまま、悪玉コレステロールの値を低下させる働きがあります。

血液のドロドロを予防し、長期的に見れば動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの血管疾患の予防につながります。

 

3、リノール酸

リノール酸は、オレイン酸と同じコメ油に含まれている脂肪酸の一種です。

オレイン酸と異なる点は、体内で作り出すことができず、食べ物から取り入れる必要があるところです。

そんなリノール酸の効果としては、コレステロールの値を低下させ、血管の老化防止、血管疾患予防に期待されています。

 

4、γオリザノール(ガンマーオリザノール)

コメ胚芽や米ぬかに多く含まれているポリフェノールの一種です。

コメ油特有の有効成分で、効果としては、自律神経失調症の改善、胃腸神経症の改善、血行改善、コレステロール値の低下、などと幅広い効果に期待されています。

 

 

5、トコロリエール

スーパービタミンEと呼ばれている、ビタミンEの一種です。

非常に抗酸化作用が強く、トコフェノールなどの一般的なビタミンEに比べ、約50倍もの抗酸化力を持つとされています。

効果としては、コレステロールの値を低下、中性脂肪の低下、ホルモンバランスを整える、などの健康維持増進に役立つ効果がたくさんあります。

抗酸化作用が強いということは、古い細胞を新しくするため、シミやしわの改善やアンチエイジングにも期待できます。

 

6、植物コレステロール

油の食物繊維と呼ばれる成分です。

コレステロールが体内に吸収されるのを抑える効果があり、コレステロール値を低下させるのに役立つ成分です。

 

 

このように、コメ油には他の油にはない素晴らしい効果があります。

熱にも比較的強いので、料理にも使うことができるので、日々の生活に摂りいれてみましょう。

 

お勧めのコメ油は下記の富永米穀店の国産コメ油です。

せっかく選ぶのなら、無添加で質のよい安全なコメ油を選びましょう。

 

 

 

 

>>ホームへ戻る

コメ油の脂肪酸の種類と効果について

米油はなんだか体に良さそう!

そう思って使っている人もいるのではないでしょうか。

 

テレビ番組でも取り上げられたこともあり、話題になって一時は品切れ状態となっていました。

しかし、なぜ注目されているのかご存知でしょうか。

 

テレビで大々的に取り上げられていた効果としては、

・動脈硬化の予防

・コレステロールを減らす

・ビタミンEが豊富

・抗酸化作用がある

 

と言われていました。

 

なぜこのような効果があるのでしょうか。

 

食用油は、脂肪酸の種類の違いで「オメガ3、オメガ6、オメガ9」に分類されています。

その中でもコメ油は、オメガ6とオメガ9の中間に位置する食用油です。

 

つまり、コメ油は二つの脂肪酸がバランスよく含まれている脂肪酸なのです。

443b6734b4184f1478b03818af48479f_s
 

オメガ6は熱に弱く酸化しやすい性質がありますが、オメガ9は熱に強いので、オメガ6だけの油よりは熱に強いということになります。

>>熱に強い油と

 

>>TOPへ戻る