亜麻仁油の効果

油の摂り方で、病気になりやすい体になったり、健康増進になったりと、油の選び方ひとつで私たちの体は大きく左右されます。
健康増進のためにも取り入れたほうが良いとされるのが、オメガ3脂肪酸を多く含む油です。


オメガ3の効果とは、
血管拡張作用、血栓抑制作用、炎症抑制作用、アレルギー抑制作用
などがあり、現代人に不足していると言われています。

そのため、積極的な摂取が推奨されています。


そんなオメガ3の含有量が植物油の中で突出しているのが、亜麻仁油です。
亜麻仁油の効果としては、
認知症、うつ病、ガン、糖尿病、肥満、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、アトピー、花粉症、などの病気の予防として、またはダイエットや健康維持の効果が期待されています。


亜麻仁油

油に含まれている多価不飽和脂肪酸には、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸がありますが、
現代人は圧倒的にオメガ6脂肪酸を摂りすぎています。

オメガ6脂肪酸の効果としては、
血液凝固作用、血栓促進作用、炎症促進作用、アレルギー促進作用があります。

身近に使っている油や市販されている揚げ物、油製品のほとんどが
オメガ6脂肪酸が含まれている油です。

オメガ6脂肪酸を摂りすぎることで、アレルギー体質になったり、炎症を促進してしまいます。
そのため、オメガ6と拮抗した効果のあるオメガ3脂肪酸の摂取を心がけることで、
アレルギーを抑制し、炎症を鎮めることができる
のです。

オメガ6が多く出回っている今だからこそ、
オメガ3を積極的に意識して取り入れる必要があります。



亜麻仁油は、なかなか手に入らず高価なイメージですが、
こちらのエクストラバージン亜麻仁油を販売しているサイトでは、
初回購入価格として、かなり割引がされていますので興味のある方は参考にどうぞ。

(エクストラバージン亜麻仁油公式サイト)

亜麻仁油の摂取量

亜麻仁油の摂取量については、具体的に言及されている訳ではありません。

厚生労働省の健康指針ガイドによると、オメガ3は1日約3gの摂取が望ましいとされています。亜麻仁油には、約60%のオメガ3が含まれていると言われています。
そこで、単純に計算すると、1日に5gの亜麻仁油を摂取すると、オメガ3目標摂取量の3gを摂ることができます。

亜麻仁油の効果的な食べ方

亜麻仁油は、多価不飽和脂肪酸であり
その構造上、熱に弱いという特徴があります。

熱を加えてしまうと、酸化してしまい、
亜麻仁油の多くの効果も台無しになってしまいます。

そのため、亜麻仁油の効果をそのまま取り入れるには、
熱を加えないことが重要です。



焼いたり煮たりする、熱を加える料理には不向きです。
熱を加えない料理に利用するか、そのままいただくようにしましょう。


亜麻仁油の美味しいレシピ特集

●納豆に亜麻仁油
納豆を混ぜる際に、亜麻仁油を小さじ1杯かけます。
あとは、お好みでネギや鰹節、醤油をかけて完成です。
亜麻仁油にはほのかなナッツのような香りがあり、納豆がより美味しく感じられます。


●トマトサラダ

トマトを串切りにして、亜麻仁油と梅干しのみじん切りをかけます。
最後にゆかりを振りかければ、簡単に出来上がり。


●塩レモンドレッシング
材料:塩レモン(小さじ1)、亜麻仁油(大きじ1)、酢(大さじ1)、はちみつ(大さじ1)、みりん(小さじ1)、醤油(小さじ1)、ニンニク(1片)

上記の材料をすべてミキサーで撹拌し、生野菜にかける。



これらのレシピの中でも、亜麻仁油をより効果的に摂りいれるためには、
食べきれる量を作るということです。
余ってしまい、そのままにしておくと、亜麻仁油は酸化してしまいます。

一般的に亜麻仁油は、遮光瓶に入っているかと思いますが、
これは酸化を防ぐためです。
日に当たり時間が経つと構造が壊れてしまいますので、
食べれる量を作るようにしましょう。

お勧めの亜麻仁油一覧

リバランドのセレブ油
100%エクストラバージン亜麻仁油使用。
無添加で品質も安心できるオイルです。
低温圧搾法で生成されており、保存は遮光瓶なので
酸化しやすい亜麻仁油が酸化することなく新鮮な状態で摂りいれることができます。
お手軽なミニボトルもあり、高価な亜麻仁油を気軽に始められるところも人気の理由です。

健康食育研究所のRITANプレミアム(オメガ3)
亜麻仁油とサチャインチオイルを配合したオイルです。
1回分が小分けにされており、持ち運びに便利です。
100%非加熱製法なので、熱に弱いオメガ3を新鮮なまま閉じ込めています。
そのまま食べたり、サラダや冷製パスタにかける、パンに塗るなどして楽しむことができます。


美オクラ食養本社のビオクラスタイル
亜麻仁油と、サチャインチ油をブレンドしたオイルです。
1日量が1包に小分けされており、持ち運びも便利です。
これらのオイルは、熱や薬品を加えず昔ながらの製法で搾る「コールドプレス製法」で精製されています。酸化しやすいオメガ3が壊れずフレッシュな状態で包装されています。